屋根作業用命綱(ルーフロープ)

屋根作業用命綱(ルーフロープ)

屋根上作業の墜落防止や、斜面作業に最適です。親綱、子綱が一本のテトロンロープで兼用できます。
また、ロープの長さ調整がワンタッチで作業位置にて体を預けて使用できます。

特徴

  • ロープの長さは注文に応じます。
  • オプションとして単管にも直接取り付け可能な大径フックもあります。

使用方法

  • ロープの固定
    ロープの先端フックを小屋組材、棟木などに掛けます。<下図>※木造家屋建築工事安全施工指針<労働省>参照
  • ロープの長さの調整
    緊張滑車についているストッパー(5)をゆるめて、ロープの長さを作業範囲に応じた長さに調整してください。
  • ベルトの装備
    まず、安全ベルト(1)を腰に装着し、ロープ緊張滑車(500g)(2)のフック(3)をD環(4)に掛け、足元の安全を確認してから作業にかかります。

屋根作業用命綱(ルーフロープ)

屋根作業用命綱(ルーフロープ)

  • 鉄骨用親綱支柱 SK-920P
  • 枠組み足場用親綱支柱 SK-47D
  • 親綱緊張器JK-SUS III-M
  • 親綱緊張器JK-SUS III-MDK
  • 16ミリ大径フック付親綱
  • 横移動用安全滑車
  • フック
  • カラビナ
  • 屋根作業用命綱
  • ゴルフパター練習機